旧士族の調査~を再加筆しました。(令和元年6月6日)

思わぬところで好評なページ

武士の世界

この一月ほど前から頻繁にアクセスされるページがある。これはどうして・・・と思い、googleで
「武士・禄高」の2つをキーワードにして検索すると、「武士の禄高はどの位か」のページがトップに出ているではありませんか。これは驚きました。

武士の禄高はどの位か
武士の給金は禄高(石高)で表している。これがその家の基本給だと考えれば良い。 抑々、この禄高(石高)とは何かというと、農地1反あたり収穫できる米が凡そ1石であるということが基本になっていた。 そこから農民家族の生活費・来年への種籾・.....

内容は郡山藩に勤士した遠祖の禄高をネタとして、「禄高」・「御役料」などの給与体系を簡単に解説しておいただけです。内容的には学術とはかけ離れ単なる作文の延長みたいな記事だと思っていましたが、却ってそれが解かりやすかったのかもしれません。
特に、それが知らぬものが推測で書いたのではなく、伝承されている系譜に記録されたものを元に論説していますので、興味を惹かれるものがあったのでしょう。

いずれにせよ、お役に立てれば幸いです。学術的に書く方法は判っていますが、もうその気力は残っていませんので、この程度の作文で諒承して下さい。

コメント